髪に良いとしてクローズアップされている成分

最近は育毛に良い成分として様々な成分が注目されています。
このうちの一つが大豆イソフラボンです。
この成分は女性ホルモンのような働きをすることで注目されており、女性の更年期障害に効果があるといわれていますが、近年になって男性の薄毛にも効果があることがわかってきました。
大豆イソフラボンを配合した男性の薄毛対策用の薬剤やサプリメントも現在では多く販売されるようになっています。
ただし、大豆イソフラボンは女性の薄毛には効果が薄いとされていますので注意しましょう。
女性の薄毛を防ぐ成分として新たに注目され始めているのが、すでに美容成分として有名となっているコラーゲンです。
コラーゲンは肌の保湿効果を高めたり、張りや艶を取り戻すのに役に立つだけではなく、髪の毛の張りやつやを保つ働きをするのではないかと推測されています。
実際、髪の毛の針やつやを保つ働きをする効果は、実験で確かめられています。
米国で14gのコラーゲンを2ヶ月飲み続ける実験をしたところ、女性の髪の毛の太さが10%太くなったというデータもあります。
また育毛の効果がある成分として近年脚光を浴びているのが亜鉛です。
この成分は肌荒れや抜け毛を防ぐ効果があり、また、毛髪の成長に必要不可欠であるともいわれています。
しかし、亜鉛は最も吸収率の低いミネラルとして知られています。
現代人は偏った食生活をしている人が多いため、普段から亜鉛が不足しがちになっています。
インスタント食品ばかり食べていると亜鉛が不足してしまい、ますます薄毛が進行してしまうともいわれています。
亜鉛はビタミン類とともに摂取するようにしますとよいとされています。
この成分と相性の良いビタミン累はC、D、Eですが。
これらの摂取の仕方を工夫するとより効率よく吸収させることができます。
亜鉛とビタミンCはともに水溶性の成分で、体内には短時間しかとどまっていられません。
そこで、これらの成分のサプリを一度にまとめて飲むようにしますと、両方の成分をより効果的に体内に吸収させることができます。